トシオについて

おもひでぽろぽろは岡本蛍・刀根夕子のマンガが原作のスタジオジブリ映画で、監督は高畑勲です。

原作のマンガは週刊明星で1987年3月19日号から1987年9月10日号まで連載され、単行本が1988年に全2巻発売されました。

スタジオジブリ映画は1991年7月20日に公開され、上映時間は118分です。

主題歌の「愛は花、君はその種子」は都はるみが歌っていて、原曲の「The Rose」を監督である高畑勲が翻訳したものです。

おもひでぽろぽろは1982年の夏を舞台にしていて、主人公は東京の会社のOLである岡島タエ子(CV今井美樹)27歳です。岡島タエ子が会社で休暇を取り、姉である岡島ナナ子の夫の親戚が暮らす山形の田舎に滞在するところから物語は始まります。

岡島タエ子は山形へ向かう途中の寝台特急の車中と滞在先の山形で、トシオと出会いお互いに惹かれ合います。

2016年2月26日におもひでぽろぽろは北米で劇場公開されます。

Copyright(c) 2016   昭和の光景について改めて知れるジブリ映画『おもひでぽろぽろ』   All Rights Reserved.